かみそりを使ってムダ毛処理

たいていは、ムダ毛処理するときにかみそりを使っています。お風呂場でついでのような感じでムダ毛処理をすることが多いので、かみそりを使うことが多いです。かみそりだけを購入するだけならかなり安くて済みます。価格が安いということもあって、ムダ毛の処理にはかみそりを使い続けています。

何と言っても手軽に処理できるところが一番魅力的に感じます。脇の下や腕や足などを重点的に処理しています。泡が付いている状態でかみそりを使うので見づらいけれど、処理としては楽です。見づらい分、剃り残しもありますが、手軽なのでついついかみそりを使ってしまいます。使い方も簡単ですし、処理が終わった後は、お湯でさっと流すだけで剃ったムダ毛を洗い流すこともできます。他の処理方法もいいのですが、楽なのでかみそりで処理することがどうしても多くなってしまいます。

欠点もないわけではありません。敏感肌なので、本当はかみそりじゃないほうが良いんじゃないかと思っています。あまりないのですが、たまにかみそり負けというか、肌がかゆくなったり赤くなったりすることがあります。だから、あまり力を入れたりせずに気を付けて剃るようにしています。肌の状態が悪くなることは稀なので問題はないと思っていますが、たまにでも肌トラブルがあると、違う方法のほうが良いのかもしれないって思ったりもします。気を付けていればこういうこともほとんどないので、かみそりの処理はやめられません。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja

このブログ記事について

このページは、脱毛マンが2014年7月 8日 16:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Movable Type 4 へようこそ!」です。

次のブログ記事は「no!no!HAIRの実力やいかに!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。